マニュアルの動画編集に役立つWindows10の標準アプリ

2021-04-09 07:00:08 UTC 2021-05-24 07:03:13 UTC

____.jpeg

この記事では、Teachme Bizで実現できない動画編集のうち、Windows10に標準で備わっているアプリを利用し簡単に使用する方法をご紹介します。

記事内には詳細な操作マニュアルもリンクしております。

Teachme Bizで動画編集をする際には、動画のトリミングや、再生停止してマーキングを行うことができます。

一方で、動画編集ソフトで行うような高度な編集機能は持ち合わせておりません。

特に「字幕を入れたい」「再生速度を変えたい」などのお声はよくいただきます。

ただ、動画編集はいい事ばかりではありません。編集に時間がかかる、改定の手軽さが失われるなどのデメリットもあります。

動画編集のメリット・デメリットについてもまとめてありますので、そちらも併せてご覧ください。

※本記事でご紹介するアプリ「Microsoftフォト」「Xbox Game Bar」はMicrosoft Corporation社のサービスです。本記事で紹介している操作手順は、Microsoft 非公式となります。

※2020年3月26日時点の情報です。バーションアップ等により、操作手順や画面表示が変わっている場合がありますので、ご了承下さい。

Windows10標準アプリを使った動画編集

動画の再生速度を変更する

こちらは、動画の再生スピードを2倍速や3倍速に変更する方法です。

 

利用者がマニュアルを実際に閲覧するときは、なにかの業務の傍らでマニュアルを見たりすることが多いです。

そんな方に10分、20分動画を見続けてもらおうとするのは非常にハードルが高く、結果的に見られなくなってしまいます。

ある程度速度が速くても理解できる動画は、最初から2倍速や3倍速で作成するなどのやり方で訴求すると閲覧の負荷が減り、マニュアルを見る人のストレスも抑えられます。

動画の一部分だけ再生速度を変更する

 

こちらは動画全体ではなく、動画の一部分だけ再生速度を変更する方法です。

動画マニュアルを作成していると、例えば

  • 料理のマニュアルで、ひたすら野菜を炒めているシーンがある。
  • 補充関係のマニュアルでひたすら液体を入れ続けるシーンがある。

など、必要な行為さえ理解できれば、後は飛ばしてしまっても良いシーンが含まれてしまっている場合があります。

そんなときには炒めるシーンや補充のシーンだけ10倍速や20倍速にし、早送りでスキップすると、マニュアルを見る人の時間を大幅に短縮できます。

動画を分割し不要な部分だけを削除する

 

動画マニュアルを作っていると、

  • 必要な行為さえ分かれば実際のシーンを見ないでよい箇所がある
  • 単純に失敗してしまったシーンを抜き取りたい

などの場面に出会います。

そういったときに、動画を分割しないで、いらない箇所だけを切り取って1つの動画として結合することができます。

動画を流しながら解説字幕を入れる

 

次に、動画に字幕を入れる方法です。

Teachme Bizでは、数秒間だけ動画を一時停止させ、テキストや矢印などのマーキングをいれるこ機能があります。

一時停止して、テキストを入れることで閲覧者が重要な箇所を見逃さずに確認できるようにする事ができます。

 

ただし、再生を止めずに字幕として文字を表示させることはできません。

Microsoftフォトで字幕を入れることで、動画をわざわざ止めて、作業を確認するほどではないけれど、マニュアルをスムーズに見てもらいたいときに活躍します。

字幕を出すタイミング、出しておける秒数も自由に選べますので、是非活用してみてください。

動画にBGM・音声を入れる

 

Microsoftフォトアプリでは、動画にBGMや音声を追加することもできます。

動画にBGMを入れる利点として

  • テンポの良いリズムなどで見る人を飽きさせない
  • BGMにより、集中力と記憶の定着がUPする

などがあります。

新人研修用のマニュアルなどに簡単な音楽を入れたりすることで、早期育成を加速できるかもしれません。

また、複雑な作業では、音声で指示を入れることでより分かりやすくすることができます。

ボイスレコーダーアプリで音声を録音する

あらかじめ、ボイスレコーダーアプリで、動画に合わせた音声を録音しておくことで、動画に音声での指示を差し込むことができます。

 

Xbox Game Barで音声付きの動画を作成する

 

こちらは、パソコン上の画面を使いながら音声付きの動画を作成したい時のマニュアルです。

  • パソコンでのシステム操作など、音声なしの動画に説明(ナレーション)を入れたいとき
  • PowerPointのスライドショーに音声をつけた自動再生動画を使いたいとき

のような場面で活躍します。

システム操作など、画面を操作しながら、解説音声とともに収録することで、より分かりやすい動画を作成することができます。

また、PowerPointを使用して、音声付きの動画を作成すると、1度作ってしまえば普段の研修を講師無しで行えるようになるなどのメリットがあります。

導入研修などで、毎回PowerPointや資料を用いて同じ説明するのが大変ということでお困りの方は、是非一度お試しください。

(最後に)動画編集のメリット・デメリット

様々な活用シーンと共に動画編集のマニュアルを紹介してきましたが、動画やその編集にはメリットだけではなくデメリットがあります。

メリット

  • 情報量が多く、実際の業務内容・手順を具体的にイメージしやすい
  • 字幕や音声を入れることにより、伝えたいことを補足できる
  • まとまった時間で集中して、事前に「学習・記憶」することに向いている

デメリット

  • 設備や運用変更による動画の撮り直し・編集に人手と時間がかかる
  • 一部の修正・差し替えが難しい
  • スキマ時間などで、わからない手順だけを「参照」することには向いていない

目的や更新性を考慮したマニュアル作りをしましょう

  • 「事前学習」を目的にしているのか、「業務中の参照」が目的なのか
  • 過剰品質になっていないか
  • 更新のしやすさも考え、更新を続けて行けそうか

編集後の利点だけでなく、マニュアルの目的や得られる効果に対して、時間をかけることに十分な価値があるかを念頭に置きながら、マニュアルの作り方を意識していただくと良いでしょう。

Teachme Bizは、編集機能を絞ることで手間を掛けずに、誰でも一定水準のマニュアルを作れることが魅力の一つです。

一方で、重要なコンテンツには一手間かけることで、学習効果を高めることも重要です。

Teachme Bizでのわかりやすい動画マニュアルの作り方について、ポイントをまとめたコンテンツもあります。是非ご参考にしてくださいね。

わかりやすいSOPの作り方 動画編